オーナー

オーナー

モノを作るということが好きで、学生時代にイラストを描いたり色々な創作活動を独自に行っておりました。平行してスポーツが好きで、テニスのコーチをしたりスノーボード・サーフィン・ゴルフと現在も活動中。旅好きで自転車で日本全国を放浪。革に出会ったのは10年前。始めは独学にて制作。後にone's workerの師事を受け独立。現在に至る。

権治 -gonzi- 店舗情報

権治店内写真権治店内写真

オリジナルの財布や各種ケース・バッグの他、携帯ストラップなどの小物まで。全て職人によりハンドメイドされた自慢のレザーアイテムです。是非、一度店舗にお越しいただき手にとってみてください。
“こんなのあったらいいのに”といった、オリジナルレザーアイテムの製作から、既存商品をベースにした、ちょっとしたカスタムなど『オーダーメイド & カスタムメイド』ご相談ください。あなたのご来店を楽しみにお待ちしています。

住所
〒601-1373 京都府京都市伏見区醍醐中山町13
営業時間
10:00~19:00
定休日
不定休(営業カレンダーをご覧ください。)
tel/fax.
075-572-0298
e-mail
leather-silver-kyoto@gonzi.jp
HP
http://gonzi.jp
OnlineShop
http://shop.gonzi.jp/
twitter
http://twitter.com/gonzileather
facebook
https://www.facebook.com/gonzi.jp

アクセスマップ

ヒストリー

その昔、『権次』の雅号をもつ彫刻師がおりました。 主に、社寺の欄間や破風飾の彫刻を手がけ、その技術は今でも京都や兵庫の社寺(応挙寺と名高い大乗寺の客殿や山門・綾部市の国宝二王門がある光明寺の向拝・舞鶴の金剛院本堂の向拝など)を中心に見ることができます。2009年その権次の流れをくむものとして、”革”という素材によって、その世界観である[古きよき日本の心]を新たに社会に発信するため、権治[gonzi]を創業いたしました。 [古きよき日本の心]徒歩による四国お遍路、インドへの無期限紀行による外からみた日本。旅の中から出会ったヒト・モノへの感謝の気持ち。京都出身のgonziが、香川での修行を経て、『表にはださない美しさ』『表にはださない優しさ』を新しく社会に伝えていきます。

ウィル

ものがたりがあるモノ 使い込まれた道具 大切な人からもらったモノ 身の回りにある、ちょっとしたものがたりがあるモノ そのモノが語っているのは、出会いや発見、成長、約束、夢・・・ ボクは、わすれない ワタシは、わすれない 様々なモノにある ものがたり どこかなつかしいそんなものがたりがあるモノをお持ちですか 権治[gonzi]では、”made in KYOTO”を基本精神にかかげ、多種のカルチャーを融合させ、 昇華させた製品によって、古きよき”日本の心”を新たに社会に発信します。 日本の昔ながらの職人魂でつくりあげた製品によって、 これからぜひあなたとあなたの大切な人たちとのものがたりの架け橋になれるよう日々精進していきます。

“remain in one’s mind” gonzi original Leather & Silver KYOTO

gonziレザーアイテム取り扱いショップ

『soup.』 愛知県安城市住吉町3-6-12 レクシティSHOW 2F
『dessin(デッサン)』 岡山県岡山市北区磨屋町9-25
『UNIT』京都府京都市中京区二条通河原町東入る樋之口町460-1-2F